富士居山ハイキングコースと志田峠

相変わらず行き先が定まらず、今日も昼近くの出発で近くの山へ
半原から田代にかけての中津川左岸に屏風のように連なる尾根を歩いてみよう

メンバー:nenetaさん、ardbeg
【今回のルート図】

田代運動公園の駐車場へやって来ると17時には閉鎖されるようだ
出発が遅いのもあって万が一間に合わないと困るので河川敷に移動する
中津川の河川敷広場はキャンプを楽しむ人達で一杯だ

PC050004.JPG
県道54号線を戻りながら取付きを吟味する
コメリ手前の斜上する道を見送って角田大橋まで歩くと
関東ふれあいの道の道標があり、ここを入っていく

PC050017.JPG
のどかな集落を抜けて戸倉坂をジグザグと登ると農場が広がる台地に飛び出る
道標に従って歩くと間もなく三増合戦場の石碑があった

PC050018.JPG
451年前ここで武田と北条が激闘を繰り広げたという

PC050022.JPG
ここが富士居山ハイキングコースの入口のようだ

PC050025.JPG
わずかな登りで三角点のある富士居山山頂

PC050029.JPG
落ち葉の積もった尾根道を北西へたどる

PC050030.JPG
256mピーク手前に地形図にはない分岐がある
南西へ派生している尾根を穏川の老人ホームへと降るようだ

PC050032.JPG
256mピークを越え地形図にもある十字路の標識

PC050034.JPG
低山と思えない急な登りがいつまでも続く

PC050035.JPG
「もう仏果山よりも高いんじゃないの?」と思う頃に向山に到着
実際は仏果山の半分ほどの標高

PC050042.JPG
穏やかな稜線をたどって大峰の山頂

PC050043.JPG
普通は真名倉へ降って大回りをするのだが
面倒臭いので東京農工大農場の方角へ降って涸沢に着く

PC050044.JPG
反対の斜面を登り返すと

PC050045.JPG
志田峠への道に出る

PC050049.JPG
整備された林道をテクテクと歩いて志田峠に到着

PC050052.JPG
向山の山頂に志田峠へ直接降る道標があったのだが志田峠側に道標はない
それらしい薄い踏み跡をたどり狙い通りに向山に到着

PC050058.JPG
さっき通った尾根道を戻り愛川橋方面へ右折する

PC050064.JPG
とてもハイキングコースとは思えない急坂を下って愛川橋に到着
普通の登山道ならお助け紐が設置されているレベルだ

PC050065.JPG
16時半にキャンパーで賑わう河川敷広場に戻って来た

"富士居山ハイキングコースと志田峠"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: