蛭ヶ岳南陵から雪の稜線をぐるっと楽しむ

先週の土日は天気もいまいちで山はお休みした
平野部でも雪が積もるかも、という予報は外れたが
稜線にはたっぷり雪が積もったようだ
久しぶりに雪の稜線を歩きたいというご希望で
表丹沢県民の森から鍋割山を越えて
蛭ヶ岳南陵で稜線に登ることにする

メンバー:nenetaさん、ardbeg
【今回のルート図】

表丹沢県民の森(5:50) - 二俣(6:12) - 鍋割山(8:00) - 熊木沢出合(9:12) - 西沢出合(10:30) - (12:40)蛭ヶ岳(13:05) - 丹沢山(14:33) - (14:52)竜ヶ馬場(15:08) - 塔ノ岳(15:42) - 堀山の家(16:38) - 二俣(17:18) - 表丹沢県民の森(17:30)

P1300002.JPG
今日は頑張って早起きした
ヘッデンを装着し真っ暗な県民の森駐車場を出発

P1300016.JPG
登山道が傾斜を増す頃、太陽が顔を出す

P1300018.JPG
間もなく後沢乗越

P1300020.JPG
満月が檜岳山稜に沈んでいく

P1300031.JPG
誰もいない鍋割山に到着

P1300034.JPG
真っ白になった富士山がくっきり見えて嬉しい

P1300037.JPG
オガラ沢右岸尾根コースを降る
雪上に残る踏み跡は鹿のものだけ

P1300040.JPG
熊木沢出合の脚立

P1300045.JPG
熊木沢の陽だまりで小休止
ここから見る蛭ヶ岳は相変わらず恰好良い

P1300052.JPG
資材運搬路跡に残るミニキャブを確認したら

P1300054.JPG
堰堤の連なる西沢を横断し

P1300058.JPG
蛭ヶ岳南陵に取付く

P1300064.JPG
一旦傾斜が緩んだあとに
壁のような斜面が待ち受ける

P1300073_stitch.jpg
一気に高度が上がり
振り返ると素晴らしい眺め

P1300074.JPG
2時間10分かけて蛭ヶ岳に到着
5年前に登った時は2時間切ったのになあ

P1300078.JPG
山頂は各方面からの10人程の登山者で混雑している
ちょうど空いたベンチに座って小休止

P1300082.JPG
丹沢山へ連なる稜線を眺め出発

P1300084.JPG
丹沢三峰と宮ヶ瀬湖の向こうに相模原の市街地が広がる

P1300088_stitch.jpg
鬼ヶ岩と蛭と富士

P1300094.JPG
棚沢ノ頭を通過

P1300096.JPG
稜線は良く踏まれていて歩きやすい

P1300098.JPG
不動ノ峰から丹沢山と大山
がっつりと降るのが勿体ない

P1300103.JPG
急な登りをゆるゆる登って丹沢山に到着
ベンチは混んでいたので竜ヶ馬場で休憩

P1300108.JPG
雪の主脈稜線もお腹いっぱい
やっとこさ塔ノ岳に到着

P1300110.JPG
あとは降るだけだと喜んだが
膝が痛んでノロノロとしか歩けない

P1300115.JPG
花立の寒暖計は-5度を指している

P1300117.JPG
堀山の家から小草平ノ沢と勘七ノ沢に挟まれた
旧登山道で二俣へ降る

P1300119.JPG
なんとか明るいうちに二俣を通過
ヘッデンを点ける事なく駐車場に到着
11時間40分かけて周回終了、お疲れさん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント