牧馬沢

コロナの影響なのか検査入院の日取りが中々整わず今週も山へ出掛ける
相棒さんのご希望は道志川の支流、牧馬沢だ
素晴らしい大滝とゴルジュの沢という事だが
林道がそばを通る里の沢でもありゴミの投棄も多いらしい
何より道志川より北側は丹沢ではないだろうという事で足の向かなかった一帯である

メンバー:nenetaさん、ardbeg
【今回のルート図】

RIMG0476.JPG
県道518号線の余地に車を停める
賑やかなキャンプ場を見下ろしながら
牧馬沢出合付近の堰堤へと経路を降る

RIMG0479.JPG
沢の入口にある案内板には「さらさら滝15分+大滝15分」と書かれている

RIMG0484.JPG
沢床を歩いているのだが水は一滴も流れていないので林道のようだ

RIMG0490.JPG
両岸が高くなってくるとやっと水流が現れた
街歩きの格好をした年配の3人組が上流から降ってきた

RIMG0491.JPG
これが「さらさら滝」かな
先程の3人組はこの先に進めたのかな?

RIMG0496.JPG
沢の真ん中に尖がった三角の岩が転がる

RIMG0500.JPG
遠くに牧馬沢F1の大滝が水を落としているのが見える

RIMG0508.JPG
三方を崖に囲まれ、まるで石切り場の底にいるようだ

RIMG0512.JPG
一筋の飛び出る水流が印象的だ

RIMG0526.JPG
とても登れる滝ではないので巻道を探す
しばらく戻った右岸の尾根を登るとトラバースする踏み跡がある

RIMG0540.JPG
小さい尾根を二つ越えたところで沢に向かって下降する
ズルズルの土斜面は以前なら駆け降りる事ができたと思える程度だが
へっぴり腰で恐る恐る下るのが情けない
nenetaさんはあっという間に降りてあきれて見上げている

RIMG0543.JPG
大滝の落ち口は微妙な傾斜で縁に立つのは怖そうだ
写真を撮りたいと言うnenetaさんの腰にロープを結び確保する
見下ろすと三脚を立てて写真を撮っている方がいたようだ
大滝の上から見下ろす人影に向こうの方もたまげた事だろう

RIMG0548.JPG
ひょんぐる水流は見えるが壁から離れている様には見えないのが残念

RIMG0560.JPG
上流に向かうと谷は狭まりなかなかの景観だ

RIMG0570.JPG
右から滝となって落ちてくる支沢を過ぎると次の滝が見えてきた

RIMG0577.JPG
牧馬沢F2、綺麗な滝だがこれも登れそうにはない

RIMG0583.JPG
左岸の急斜面に取付く、木が生えているので大丈夫と思ったが

RIMG0587.JPG
岩がボロボロで体重をかけるのがおっかない

RIMG0588.JPG
恐る恐るロープを引きながら登る

RIMG0607.JPG
大きく巻いて小尾根を降りるとロープを出すこともなく
牧馬沢F3の上で沢に復帰した

RIMG0616.JPG
F2の落ち口とF3を下から眺めるためにF3を巻き降りる
右岸にある残置のロープで2m程登り踏み跡を辿る
F3を眺めながらトラバースして滝下へ

RIMG0626.JPG
まずはF2の落ち口を眺める

RIMG0631.JPG
戻ってF3を眺める
先程のボロボロの岩の巻きを思うと取り付く気にもなれない
降りてきた踏み跡から滝上へと戻る

RIMG0643.JPG
腰まで浸かりそうな大きな釜は左のバンドから
岩から剥されてドボンすると寒そうだ
お尻を押してもらいながらクリアする

RIMG0647.JPG
すぐに次の滝が見えてきた

RIMG0648.JPG
牧馬沢F4は平凡な滝だ
登れそうでもあるが左岸に残置されたロープで巻く

この後は凡庸な流れという事なので沢を離れ林道に上がる
この先の集落に今も人が住んでいるのか探検するのも目的の一つ

RIMG0676.JPG
牧馬峠まで登って地形図にある経路を探りながら降る
どうやら地形図の経路は大幅にずれて引かれているようだ

RIMG0680.JPG
紅葉黄葉を楽しみながら林道を戻って周回終了
もう少し年内の山行が出来そうだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント