畑薙大吊橋から茶臼岳と光岳、大根沢山は断念し畑薙山経由で戻る(二日目)

前日はかなり早くに寝入ったのもあり
まだ暗い内に支度を始める周りに合わせ片付けを始める
外に出てみると雨がポツポツと落ちている
相棒さんは雨の中を動く気はないみたいで
なんだかご機嫌ななめのようだ
でも停滞してもやる事もないしなあ

メンバー:nenetaさん、ardbeg
【今回のルート図】

茶臼小屋(6:30) - 茶臼岳(7:10) - (7:51)希望峰(7:53) - (9:19)易老岳(9:26) - 静高平(11:25) - 光小屋(11:49)

P9200075.JPG
2日目の夜明け
水平線に雲はなく、ご来光は拝めた

P9200084.JPG
昼過ぎが雨のピークになりそうだという事で覚悟を決めて出発する

P9200085.JPG
水場も近いし、こじんまりとした良い小屋だった

P9200087.JPG
間もなく稜線に出て右は上河内岳方面

P9200088.JPG
左には茶臼岳が見える

P9200090.JPG
振り返って上河内岳と聖岳かな

P9200091.JPG
身体がふわっと浮きそうな強風の中、茶臼岳に到着

P9200098.JPG
雨はだんだんと本降りになってきた
レンズに水滴が付いているのは解っているが
タオルを出して拭う気にもなれず、黙々と歩く

P9200103.JPG
ろくな写真がないのはご勘弁を

P9200109.JPG
静高平を通過

P9200112.JPG
ほとんど休まず歩いて光小屋に到着
先着しているのは1組だけのようだ
今日も1階の端を確保できた

P9200119.JPG
夕暮れに富士山が見えたのでイザルヶ岳に急いだが
着いた時にはガスに包まれ何も見えず、くたびれもうけ

P9200115.JPG
小屋の管理人さんが上がってきていて
発電機を動かしてくれたので電気が点く
来年には賞味期限切れとなるビールまで配ってくれた
お金を取ってくれてもいいのになあ、ありがとうございます
小屋にやって来る人がどんどん増えて、少しずつ詰めていく
結局18人位は泊まったのかな
弱いが電波があるので天気予報をチェックする
表示される事無く電波は切れてしまったが
周りから聞こえてくるのは朝は雪かもしれないという事だ
マジか...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント