ardbegの山野遊行

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018/07/01 寄〜ユーシン〜石小屋沢

<<   作成日時 : 2018/07/10 19:57   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


画像
登攀系の棚が続いて面白いという評判で気にはなっていたのだが
アプローチがやたら長いのに出合は貧弱で遡行意欲が湧いてこない
イガイガさんから誘われたのはそんなイメージだった石小屋沢だ
玄倉林道の通行止で、ますます不便な沢になったが
ちょうど良い機会だ、登れるうちに登っておこう

画像
寄大橋から登山道で雨山峠から玄倉へ
玄倉林道に降りたら、そのまま河原に出て右岸に渡る

画像
庭園のような諸子平で山椒の実を摘む

画像
玄倉林道の通行止の影響か誰もいないユーシンロッジ

画像
檜洞F1の美しい釜、これこそがユーシンブルーだろう

画像
余計なロープが増えているが頼らぬ方が安全だ

画像
涼しげな水の中を渓魚が走る

画像
知らなければ気が付かない石小屋沢の出合い
大石の下は数人が雨宿りできそうな広さ

画像
石小屋沢に入ると直ぐに冒頭写真のチョックストーン
中を潜って簡単に越えられる

画像
この滝は水流沿いに快適に登れる

画像
茶色いコケはいきなり滑るので要注意

画像
これはとても登れない、右から巻くがかなり厄介

画像
滑りが無ければペタペタ登れそうなのだが
踏ん切りがつかず左から大きく巻く

画像
沢への復帰は滑り台のような枯葉のルンゼを途中までロープで降りて

画像
最後の10m程は滑って降りる

画像
この滝は快適に登れた

画像
沢名の由来とも伝えられる大石だが
ここまで山仕事で入るとは思えない
石小屋の由来は出合の大石だろう

画像
これも登れず左から巻く

画像
これも登れず右から巻く

画像
石小屋ノ頭へ詰めるというnenetaさんにギブアップを告げて
トラバースする獣道にのって稜線の登山道へショートカット

画像
大石山手前の鎖場、こんなに良い天気だったんだ

画像
大石山から蛭ヶ岳方面の眺め

画像
リクエストに応えて大石の上でポーズをとるnenetaさん

画像
八代沢左岸尾根で降りて来た道を戻る
出発が6時24分で到着が18時34分
12時間以上の行動、お疲れ様でした

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018/07/01 寄〜ユーシン〜石小屋沢 ardbegの山野遊行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる